保健所の手続きについて

保健所の手続きについて 保健所では、接骨院や整骨院などに代表される治療院の開設手続きもできるようになっています。
やり方としては、最初に保健所へと行って事前相談を行います。
 主に事前に相談するときの内容としては、開設したい接骨院や整骨院などの計画図面を持参した上で治療院の構造設備や治療機器及び備品の配置案などについての説明を担当者に行い、担当者から事前確認を受けます。
そして開設する治療院の名称についても事前相談を行って確認してもらいます。
 名称に関しては制限が設けられています。
例えば、病院又は診療所でない治療院においては病院または診療所と紛らわしいような名称をつけたりすることは禁止されています。
ほかに、専門の施術を行っている施設ということが分かるような名称にすることなどがあります。
 確認が済んだ段階で内装・外装の建築工事や設備工事を行うことになります。
工事がきちんと終わったときに治療機器や備品を搬入しておき、保健所による立入検査を受けられるようにするために準備を整え、立入検査を経て完了となります。

オープニング戦略はどうすれば良い?

オープニング戦略はどうすれば良い? 接骨院を開業したばかりの時に、いかにして患者を集めるかというのは多くの院長が悩まされるものです。
まずは、オープニング戦略として有益なのが開業をしたということを多くの方に周知させる必要があります。
現在では、ネットの活用でも気軽に情報発信できるでしょう。
また、接骨院のオープニング戦略として有益な方法と言えるのが、一定の期間はオープン価格として割引きを適用する方法です。
これによって患者の確保はある程度できるようになります。
それからは、その患者からの口コミも期待できるようになるでしょう。
何より欠かせないのは、患者にとってコミュニケーションしやすい接骨院であるかどうかというのも大切な要素です。
いくら施術が優れているとしても、コミュニケーションしづらい接骨院であれば、何となく患者も足が遠のいてしまうものです。
身体の不調を抱えて来院するわけですから、より患者に快適な環境を整備しておくこともオープニング戦略として大切な条件だと言えるでしょう。

注目サイト

名古屋でフィットネスを申し込む

2017/8/24 更新